女の人

薪ストーブのある暮らし|その魅力と注意点をチェック

火を囲んで語り合う

暖炉

薪ストーブがある家に住むことが憧れという人も多いでしょう。薪ストーブの火を囲んで暮らす生活は、とても贅沢で優雅なイメージがあります。薪ストーブの火には、家を暖める暖房としての役割ももちろんありますが、人の心を癒やす効果も兼ね合わせています。海外のテレビ番組では、12時間ずっと焚き火の映像を流したチャンネルもあるといいます。しかも、高視聴率をとったというのです。それだけ焚き火の火が燃えているゆらめきを眺めることは、人が魅了される行為なのだといえます。薪ストーブは、海外や、日本でも寒い山村の地域でよく利用されているケースが多いと思いますが、最近では、気軽に都市部でも楽しむ家庭が増加しています。薪ストーブを使って、ピザや魚、いもなどを焼いたり、お湯を沸かしたりと料理に使うことができます。さらに、電気や石油などを使わない昔ながらの暖房機器として、メリットを感じるといいます。火を囲んで家族のだんらんが増えたと感じる家庭も多いようです。人を招いてパーティーをすることが好きな人には、特に魅力を感じるといいます。しかし、住宅街であれば、薪ストーブの煙が心配です。モクモクと煙が出てしまっては、近所とのトラブルになりかねません。ところが、乾燥した薪を使えば、大量の煙は出ないといいます。風向きの関係によっては、周囲に配慮が必要になるといえますが、日常使用する範囲では、問題はないといえます。ただ住宅密集地などエリアによっては、使用を検討する必要があるでしょう。

Copyright © 2016 薪ストーブのある暮らし|その魅力と注意点をチェック All Rights Reserved.